サーバへのdeploy (gitを使用)

macで開発

  1. ローカルで開発 
  2. サーバへ接続
  3. deploy
  4. 確認できる

  ※補足:DBの変更がある場合

 1. ローカルで開発したものをgitにプッシュ

   "develop"など開発用としてブランチを作成しておく。

  最新の修正や追加、または削除など変更があった場合、developから

  ブランチを切り、開発/単体テストが終わればdevelopへpush。

  pushすることでremoteにあるgitリポジトリのコードが更新される。

 

 2.  サーバへ接続

  以下のように.sshフォルダにconfigファイルを用意しておくとターミナルでの

  接続が楽になる。  

   Host XXXXX *1
   HostName XXXXX *2
   Port 22
   User XXXXX *3
   IdentityFile /Users/XXXX/.ssh/XXXXX.pem *4

   *1 接続のときに指定するhost名

              どこに接続するか分かり易い名前にするといい

           *2 sshホスト

   *3 ユーザ名

   *4 秘密鍵指定

 

 3.  deploy 

  リモートリポジトリまで移動しgit branchしサーバのbranchは何になっているか

  確認。

  pullをするbranchだった場合はbranch名指定なしでgit pullをすればいい。 

  必要であればpullしたフィイルの権限変更。

 

 4.  確認できる

  任意のプラットフォームで自分の変更が確認できる

 

 

 補足:DBの変更(DDLが必要)がある場合

  ターミナルでmysqlコマンドを打ちDBへ接続

  mysql -u XXXX -h XXXX -p

  -u ユーザ名

  -h DBサーバが冗長されている場合などはサーバのホスト名を指定

  -p パスワード。この後パスワードを聞かれる。

 

 接続後、DBを指定(use XXX;)しDDL実行